国民健康保険の維持ってどうなの?

国民健康保険により支払われている医療費があります。
そして、残りの50%が加入者が支払う保険料によりまかなわれていると言うことです。
しかし、昨今、国民健康保険に加入している人の中で低所得者の加入割合が高くなっていると言います。
そのことで、医療費がたくさんかかる高齢者が多くなっている事、生活習慣病など慢性疾患を抱えている人が増えている事などの理由で財政は厳しくなっていると言うことです。
(汗)その為、国民健康保険では支出を抑えるように様々な努力をしていると言うことです。
例えば、ある地域においては、医療保険の無駄を少しでも抑えようと有効に使う為に次のように呼びかけをします。
※時間外、休日の受診をなるべく避けるようにしましょう。
普段は安くない保険料を支払うばかりです。
ですから、割に合わないと感じてしまうかもしれませんよね。
一部には保険料の支払い手続きをしていない人もいます。
(汗)しかし、いつかあなたが困った時は必ず役に立つと思います。
日本の健康保険制度を維持するのに、みんなで助け合っていくことですね。
保険料を支払っていない人は直ぐに手続きをします。
そして、今までの分も支払えるだけ払ってくださいね。
健康保険が維持することが出来なければ、みんなが全額自己負担で医療を受けなければならなくなってしまいます。
そして、いつの日か病気になっても病院へ行けないと言う日が来てしまうかもしれませんよね。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】