医薬品は薬事法の対象となります。しかしこの「医薬品」は以下の2つに行政上において分類されることが出来ます。まずは「医療用医薬品」になります。『医療用医薬品』これは医師歯科医師の人が使う医薬品になります。または医師歯科医師が処方箋を出したり指示を出したりしたことで使用される医薬品のことを指しています。

このように医療用医薬品は特定の病状に合わせて使用しています。ですから薬理作用が強く副作用もあると言うことになりますね。このことによって医療用医薬品は一般的に自由に購入する事ができないようになっています。次に「一般用医薬品」になります。『一般用医薬品』これは医療用医薬品以外の医薬品のことです。

市販薬の事などを指し得います。薬局薬店などで処方箋無しに購入できる薬になります。医薬品にはこの2つの分類の他にも治療薬予防薬などの「使用目的」「薬効」「内用薬」「外用薬」などの「適用方法」「抗生物質」などの「本質」「錠剤」「軟膏」などの「剤形」と言う様な分類があります。

関連ページ